はりきゅうであなたの健康を応援します。北千住の小さな治療室ですが、全日本鍼灸学会の認定資格を持つ鍼灸師が治療を担当させていただきます。完全予約制で丁寧な診療を心がけています。お悩みの症状や自宅でのセルフケアなど、何でもご相談ください。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 健康情報

タグ : 健康情報

晩期高齢者の血圧管理について

高血圧の放置は、心血管疾患の大きなリスクになるため、通常は薬物療法により血圧が管理されます。 最近報告された英国での研究によると、60歳以上の高血圧患者に対する降圧治療で、余命が3年以上の高齢者には血圧管理の意味があると …

高血圧の基準について

日本では収縮期血圧140/拡張期血圧90 mmHg以上を高血圧として、治療の対象にしており、生活指導や服薬により降圧を目指します。 高血圧を放置すると、脳血管疾患や心血管疾患のリスクが高まることが主な理由ですが、140/ …

乾燥肌と痒み

乾燥の季節が到来し、肌の乾燥に伴う痒みに悩まされる方も多いようです。 近年、痒みのメカニズムに関する研究が進み、痒みを伝える神経が発見されました。その神経は皮膚の表面近くまで伸びており、皮膚表面への刺激を感知し、脳に伝え …

糖尿病と「えのき」

糖尿病の「細小血管合併症」として「しめじ」をご紹介しましたが、今回は「大血管合併症」として「えのき」をご紹介します。命に関わる合併症です。 「え」は足の壊疽(下肢閉塞性動脈硬化症[ASO])、「の」は脳血管障害、「き」は …

「天気が悪いと調子が悪い」

先の全日本鍼灸学会学術大会で、気象関連痛に関する特別講演をされた中部大学の佐藤純教授の著書の表題の一部です。 「雨が降ると膝が痛む」というような、気象の影響を受けて症状が悪化する、慢性痛の患者さんは多いと思います。佐藤先 …

糖尿病と「しめじ」

糖尿病に特有な合併症に「細小血管合併症」があり、文字通り、細い血管が障害されます。 「しめじ」とは糖尿病の3大合併症の頭文字を意味しています。「し」は神経障害、「め」は眼で網膜症、「じ」は腎症を表します。出現する順番も「 …

若年喫煙はニコチン依存度が高くなる

これまで、未成年では喫煙開始年齢が低いほどニコチン依存度は高くなり、禁煙が難しくなるとされていました。 最近の日本での研究で、禁煙外来を受診した患者を対象に、喫煙開始年齢とニコチン依存度や禁煙成功率などとの関連を検討した …

夜間頻尿と加齢

年齢を重ねると、寝ている途中でトイレに行きたくなり、起きてトイレに行くことが増えてきます。 通常、寝ているときは抗利尿ホルモンが働き、腎臓が作り出す尿の量を少なく抑えています。 しかし、この抗利尿ホルモンは加齢によって分 …

腸内環境を改善する4大食品・栄養

腸内フローラ(細菌叢)を良好な状態に保つためには、多品目の食事をとり、多様性に富んだ善玉菌を育てることが大切です。 そのための4大食品・栄養は、水溶性食物繊維、発酵食品、オリゴ糖、オメガ3系脂肪酸です。 食物繊維は海藻や …

健康寿命と腸-ガットフレイルとは?-

先日参加した全日本鍼灸学会学術大会における、京都府立医科大学の内藤裕二教授による特別講演の演題です。 「ガットフレイル」は内藤教授が提唱する新たな健康概念です。腸管の老化(虚弱化)を意味しており、腸管の老化を制御すること …

1 2 3 29 »
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGETOP
Copyright © 千寿鍼灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.